北朝鮮向けの商品を扱う商店が並ぶ中国遼寧省丹東市の通り。シャッターを下ろした店が目立つ=7日(共同)

 【北京共同】中国税関総署は18日、北朝鮮との5月の貿易総額は前月比88・7%減の346万3千ドル(約3億8千万円)だったと発表した。北朝鮮が新型コロナウイルス変異株の世界的拡大などを受けて再び往来遮断措置を強化、輸入を厳しく制限したとみられる。

 北朝鮮は3月、船で中国から化学肥料などの輸入を一部再開。翌4月の貿易総額は倍増、両国間の貨物列車運行の再開も調整していた。しかし、中朝関係筋などによると、北朝鮮側は5月に入り列車受け入れは困難と伝えてきた。