鳴門対名西 4回裏、名西1死三塁から森がスクイズを決め5―3とする=鳴門オロナミンC球場

 高校野球の第70回徳島県春季大会第7日は29日、鳴門オロナミンC球場で3試合が行われ、鳴門対名西の準々決勝は名西が5―3で逆転勝ちし、2002年以来15年ぶりにベスト4入りした。残り2試合は2回戦で、富岡西が今大会初の延長戦の末、6―5で城東にサヨナラ勝ち。徳島商は11―0で池田辻を五回コールドで下し、それぞれ8強入りした。第8日の30日は、鳴門オロナミンC球場で準々決勝3試合があり、4強が出そろう。