徳島県は22日、新型コロナウイルス感染が確認された10代男性について、詳細を発表した。男性は神奈川県在住の大学生で、県内の実家に帰省していた。

 県によると、男性は15日に帰省し、19日から鼻詰まりや下痢の症状があった。帰省前に一緒に食事をした知人の感染が分かり、濃厚接触者として21日にPCR検査を受けて陽性となった。男性は軽症という。

 県民に注意を促す「とくしまアラート」の指標では、直近1週間(15~21日検査分)の新規感染者は6人。入院患者は19人で、病床使用率は8・1%となっている。

 県内の感染者は累計1653人となった。