りそなホールディングス(HD)は22日、傘下銀行などグループ6社で課長級以上の女性管理職の割合を現状の約30%から2030年度までに40%以上に増やす目標を発表した。男女平等などをうたう国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に沿った経営を促進する。

 支店長や部長級の女性割合も現状の約10%から20%以上に高める。りそなHDのほか、傘下のりそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ、関西みらい銀行、みなと銀行の6社が対象。

 他の大手行が部長級を含めるなどした女性管理職割合の目標を20%台に設定する中、より踏み込んだ水準を目指す。