沖縄全戦没者追悼式で、黙とうする沖縄県の玉城デニー知事(左端)ら参列者=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄全戦没者追悼式会場の周囲で、黙とうする人たち=23日正午、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で犠牲となった20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。76年前のこの日、旧日本軍による組織的戦闘が終わったとされる。最後の激戦地、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、沖縄全戦没者追悼式(県など主催)が営まれた。玉城デニー知事は平和宣言で、沖縄が来年5月で本土復帰50年となることを挙げ、日米両政府に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設が唯一の解決策との考えにとらわれず、県を含む協議の場を設けるよう要望した。

 さらに、県内に在日米軍専用施設の約70・3%が集中し続け「米軍関係の事件・事故が後を絶たない」と訴えた。