静岡県袋井市を走る聖火ランナーの荒川静香さん=23日午後

 浜松市を走る聖火ランナーの河合純一さん(左)=23日午前(代表撮影)

 東京五輪の聖火リレーが23日、静岡県で3日間の日程で始まった。五輪開幕までちょうど1カ月。2006年トリノ冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さん(39)や、サッカー元日本代表で「ゴン」の愛称で親しまれた中山雅史さん(53)らがトーチを掲げた。

 荒川さんは、袋井市のエコパスタジアムで「貴重な火を手にしている。希望のともしびをつながせていただく」と宣言した後、トラックを力走した。

 15歳の時に失明し、パラリンピック競泳で92年バルセロナ大会から6大会連続出場した河合純一さん(46)=静岡県出身=は浜名湖に突き出た「プリンス岬」を快走した。