夫婦別姓を巡る最高裁決定で、裁判官15人のうち「合憲」としたのは11人、「違憲」としたのは4人だった。