後半、徳島の垣田(手前)がスルーパスに抜け出しシュートを放つも決めきれず=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ1の徳島ヴォルティスは23日、鳴門ポカリスエットスタジアムでFC東京と対戦し、0―1で競り負けた。通算成績は5勝4分け10敗となり、勝ち点は19のまま。14位で前半戦を終えた。

 日本代表戦などの影響で前節(5月30日)から約3週間ぶりとなった前半戦最後のリーグ戦。開始5分にDFカカが自陣ゴール前で東京FCのFW田川にボールを奪われ、そのまま左足で決められて先制を許した。相手のプレスが厳しく、後方からのビルドアップの安定感を欠いた。後半は交代カードを切りながら、攻め込むシーンを増やしたものの、最後までゴールを割れなかった。

徳島 0-1 東京
 前 0-1
 後 0-0

【得点者】東京=田川亨介(前半5分)