ダイハツ工業は24日、燃料ポンプかステアリングギアに問題があるとして、「タント」「ミラ」「ハイゼット」など軽自動車28車種計111万6656台(2017年7月~19年7月生産)のリコールを国土交通省に届け出た。トヨタブランドの「ピクシスジョイ」やSUBARU(スバル)ブランドの「サンバー」など計13車種が含まれる。

 燃料ポンプを巡るリコールは21車種計95万6221台が対象。事故の報告はないが、584件の不具合が報告された。

 ステアリングギアは7車種計16万435台が対象。ハンドル操作ができなくなる恐れがある。69件の不具合の報告があった。