東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、競技会場などの警備に当たる民間警備員を1日最大1万8100人確保したと明らかにした。