陸上の日本選手権男子100メートル準決勝3組で桐生祥秀(日本生命)は10秒28の1着、小池祐貴(住友電工)が10秒30の2着となり、25日の決勝に進んだ。