広州FC戦で後半にチーム2点目を決め喜ぶC大阪のチアゴ(中央)=ブリラム(クラブ提供)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、タイのブリラムで東地区の1次リーグJ組が始まり、3年ぶり4度目の出場のC大阪は、奥埜とチアゴの得点で2―0と広州FC(中国)を下し、好スタートを切った。

 C大阪は27日に傑志(香港)と対戦する。

 東地区の1次リーグはタイとウズベキスタンで集中開催され、各組1位と、2位のうち成績上位3チームの計8チームが決勝トーナメントに進む。日本勢は川崎、G大阪、名古屋も参戦。(共同)