徳島市と市医師会は25日、64歳以下の新型コロナウイルスワクチンの個別接種について、四つの年齢区分ごとのワクチン接種券の発送スケジュールを発表した。最初に送るのは60歳以上で、19~59歳は年齢の若い順としている。

 発送日は60~64歳(対象者約1万6千人)が28日、19~29歳(約2万6千人)が7月5日、30~39歳(約2万8千人)が12日、40~59歳(約6万8千人)が19日。12~18歳(約1万5千人)は調整中としている。

 60~64歳のワクチン接種開始日は7月12日。予約受け付け開始は6日午前8時半としているが、接種券が届いていれば、これより前でも65歳以上の個別接種の余剰枠(6月25日時点で約1200人)で予約できる。19~59歳の予約受け付けや接種の開始日は決まり次第、市ホームページなどで周知する。

 予約はインターネットの専用サイトやコールセンターなどで受け付ける。基礎疾患がある人は年齢を問わず、かかりつけ医に相談の上、症状に応じて一部の医療機関で予約できる。