影治信良氏

 任期満了に伴う徳島県美波町長選は、7月27日の告示まで1カ月となった。これまでに立候補を表明しているのは、現職のみ。無投票の公算が大きくなっている。

 出馬を表明しているのは4選を目指す現職の影治信良氏(65)=無所属、同町赤松。無投票になれば2009年以降、4回連続。

 影治氏は3月の町議会定例会で「災害に強い持続可能なまちづくりを目指し、これまでの知識と経験を生かして引き続き町政を担当したい」と立候補を表明した。日和佐こども園の高台移転など南海トラフ巨大地震対策推進の継続のほか、サテライトオフィス誘致、子育て支援策の充実などを訴えている。

 7月中旬に後援会事務所を同町奥河内に開設する予定。町議11人のうち7人が支持している。残りは2人が中立、2人は態度を明らかにしていない。

 同日程で行われる町議補選(欠員1)には元職1人が出馬の構え。他に立候補の動きはなく無投票の可能性もある。

 届け出書類の事前審査は14日に町役場で、町長選が午前9時半~正午、町議補選が午後1時半~5時に行われる。

 6月1日時点の有権者数は5754人(男2669人、女3085人)。