豊島将之二冠(右)と対戦する藤井聡太王位=30日午前、名古屋市の名古屋能楽堂(代表撮影)

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖=に豊島将之竜王(31)=叡王=が挑んでいる「お~いお茶杯第62期王位戦」(徳島新聞社など主催、伊藤園特別協賛)7番勝負の第1局は30日午前9時、名古屋市の名古屋能楽堂で再開し、指し継がれた。

王位戦中継はこちら

 前日の手順が再現された後、立会人の青野照市九段(68)が豊島の封じ手「7六飛」(48手目)を読み上げ、2日目の対局が始まった。

 相掛かりの戦型で始まった戦いは、互いに後戻りできない状況に突入しつつある。端歩を受けず、強気の姿勢を見せた藤井の8七歩(47手目)に対する封じ手は、検討陣の予想通り横歩を取る一手だった。

 これに藤井は、1三歩成(49手目)から1四同飛(53手目)などとして1筋を攻めた。

 副立会人の稲葉陽八段(31)は「封じ手以降はある程度想定された展開になったが、この先は選択肢が多くて難解。一手ミスをしたら負けという緊迫した戦いになるだろう」と話した。

 同日夜までには決着する見通し。対局の盤面を徳島新聞電子版で速報している。

王位戦中継はこちら

6月22日掲載 藤井聡太二冠 豊島将之二冠が語る抱負