前半、FC徳島の高木(左)が攻め込む=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、徳島新聞社、共同通信社、NHK共催)は22日開幕し、鳴門ポカリスエットスタジアムなどで1回戦13試合が行われた。徳島県代表のFC徳島セレステは1-2でMD長崎(長崎)に敗れた。

 初出場のいわきFC(福島)はノルブリッツ北海道(北海道)に8-2で大勝。J3勢では長野(長野)や初出場の沼津(静岡)が勝ち進んだが、秋田(秋田)は国士舘大(東京)に1-2で敗れた。

 今大会から開幕時期が前倒しされ、徳島ヴォルティスなどJ1とJ2の40チームは6月21日の2回戦から登場。決勝は来年元日に埼玉スタジアムで開催される。