対局を終え、大盤解説会の会場であいさつする豊島将之竜王(左)と藤井聡太王位=名古屋市のKKRホテル名古屋(代表撮影)

王位戦7番勝負の第1局、藤井聡太王位(右)に勝利し、対局を振り返る挑戦者の豊島将之二冠=30日午後、名古屋市の名古屋能楽堂(代表撮影)

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖=に豊島将之竜王(31)=叡王=が挑む「お~いお茶杯第62期王位戦」(徳島新聞社など主催、伊藤園特別協賛)7番勝負の第1局が30日午前9時、名古屋市の名古屋能楽堂で再開、指し継がれ、午後3時35分、後手番の豊島が104手で勝ち、奪還に向けて好発進した。

 注目の初戦は相掛かりの戦型から激しい攻め合いになった。豊島の封じ手「7六飛」(48手目)は予想された横歩取り。藤井は端攻めで香を入手したが、9七歩(58手目)の垂らしが厳しく、相手角を質駒にした豊島が優勢になった。

 藤井は3五香(69手目)から粘りに出るも、豊島が4七角(82手目)から7六桂(86手目)以下で見せた的確な寄せの前になすすべがなかった。

 持ち時間各8時間のうち残りは豊島1時間40分、藤井1時間41分。第2局は13、14日、北海道旭川市の花月会館で行われる。

 豊島将之竜王の話 3三桂(40手目)と跳ねて桂が2枚使える形になったので、目いっぱい指せている気がした。9七歩と垂らしたところでは指しやすいかなと思っていた。3七香(78手目)と打ち込んで、良くなったようだ。

 藤井聡太王位の話 先手なら相掛かりにしようと思っていた。9五歩(44手目)が思った以上に厳しく、すでに思わしくない形勢になっていたようだ。正確に攻められてかなり苦しくなり、玉が薄いので粘り方が難しかった気がする。