藤本愛瑚

 バスケットボール女子のU―18(18歳以下)日本代表チームの候補選手21人に、徳島県出身の藤本愛瑚(17)=桜花学園高3年、小松島中出=が選ばれた。8~10日に東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われる強化合宿に参加する。

 藤本は177センチのシューティングガード。昨年12月の全国高校選抜優勝大会では2年生ながら4試合に出場して35得点を挙げ、2年ぶりの優勝に貢献した。精度の高いシュートを武器に、チームの得点源としての活躍が期待される。

 代表候補選手は8月23~29日に茨城県で開かれる日・韓・中ジュニア交流競技会と、2018年のアジアU―18女子選手権を見据えて強化に取り組む。