札幌に敗れ肩を落とす徳島の選手=札幌厚別公園競技場

 サッカーJ1の徳島ヴォルティスは4日、札幌厚別公園競技場で札幌に0―1で競り負けた。後半43分に失点して3連敗。通算成績は5勝4分け12敗(勝ち点19)となり、順位は15位のまま。

 前半立ち上がりから札幌のプレスを受けてボールをうまくつなげなかった。後方から蹴ってもカットされ、左サイドから押し込まれるシーンが目立った。37分にMFバトッキオのスルーパスに抜け出したMF杉森が中央に折り返し、MF岩尾が右足で合わせたシュートはカバーに入った相手MFにかき出された。

 後半開始から北海道出身のMF藤田征を右サイドに投入し、途中からは前線にMF西谷、浜下、FW宮代らを次々に送り込んだがシュートに持ち込めなかった。43分に右サイドから崩され、センタリングのクリアボールがDF福岡に当たってオウンゴールとなり、これが決勝点となった。

徳島 0-1 北海道
 前 0-0
 後 0―1

【得点者】 札幌=駒井(後半43分)