徳島対愛媛 6回裏、徳島1死満塁、橋本球が左越え三塁打を放ち7―2とする=三好市吉野川運動公園野球場

 徳島インディゴソックスは4日、三好市吉野川運動公園野球場で愛媛と対戦し、8―3で快勝した。六回に一挙5点を挙げて試合を決め、初先発の小原が初勝利を挙げた。通算成績は9勝5敗2分けで2位。首位の高知は6―4で香川に勝った。

 [評]徳島は得点機に打線がつながり、効率よく攻めた。3―2と1点リードで迎えた六回、テヘーダが左越えにソロ本塁打。さらに内野安打や四球で1死満塁の好機を築き、橋本球の走者一掃の三塁打と暴投で計5点を加えた。初先発の小原は5回を投げ、被安打8で2失点。五回の無死満塁のピンチを無失点にしのぐなど、粘りの投球を見せた。