岡山戦での勝利を目指す徳島の選手たち=徳島スポーツビレッジ

 J2徳島ヴォルティスは7日午後2時から、岡山市のシティライトスタジアムでファジアーノ岡山と対戦する。昨季は2連敗し、相性は良くないが、逆転勝ちした前節の福岡戦の勢いを持続して2連勝を狙いたい。

 3日の福岡戦では、徳島の中盤の構成力が光った。MFの島屋、前川、カルリーニョスが試合の中で数的優位の形をつくってボールを支配。前線のFW山﨑、渡にパスを供給したほか、右サイドの広瀬、DF馬渡に代わって左サイドに入った内田らが敵陣まで攻め上がる機会が増えた。

 いかにボールを保持するかが、岡山戦でもポイントになる。島屋は「徳島らしい形で長い時間押し込み、点を取れれば」と話す。福岡戦で長身を生かして空中戦で奮闘した山﨑は岡山県出身で、「知人や家族の前で良いプレーをして、チームの連勝に貢献したい」と意気込む。

 岡山は無得点、複数失点で2連敗中。この状況から徳島のロドリゲス監督は「(岡山は)激しく当たってくるだろう」とみる。

 岡山はロングスローを含むセットプレーは強い。試合勘も鋭く、好機を見逃さず、多人数で畳み掛ける攻撃は要注意だ。相手が調子を落としているとはいえ、ロドリゲス監督は「力を100パーセント出し切らないと勝てない」と警戒する。