徳島対高知 2回裏、徳島2死一、三塁、瀬口が左前適時打を放ち4-4とする=アグリあなんスタジアム

 徳島インディゴソックスは6日、アグリあなんスタジアムで首位高知と対戦し、5―5で引き分けた。通算成績は10勝5敗3分けとなり、高知とのゲーム差は1・5で変わらない。

 [評]徳島は八回に1点を失って追い付かれ、勝利を逃した。この回からマウンドに立った山藤が先頭打者を四球で出し1死二塁から右前適時打を許した。打線は2点を追う二回、ジェフンのソロ本塁打で1点を奪った後、2死一、三塁とし、瀬口の左前打で同点とした。四回には橋本球の適時打で勝ち越したが、投手が踏ん張れなかった。