皆さん、こんにちは。STU48、2期研究生の池田裕楽(ゆら)です。今回、皆さんに私が参加したユニット「Nona Diamonds(ノナダイヤモンズ)」の活動についてお話ししたいと思います。

「はじまりの唄」発売記念の配信ライブを行った池田裕楽さん(前列中央)らNona Diamondsメンバー=東京都内

 Nona Diamondsは「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」に残ったファイナリスト9人によるユニットです。私たちのユニットは6月30日に「はじまりの唄」という歌をリリースいたしました。

 「はじまりの唄」をリリースするに当たり、ジャケットやミュージックビデオ(MV)の撮影、レコーディングなどたくさんのことを経験させていただきました。

「はじまりの歌」のレコーディングに挑んだ池田裕楽さん

 レコーディングの現場には、曲をプロデュースしてくださったゴスペラーズの黒沢薫さんに来てもらって、声の出し方や歌い方などの指導を直接受けながらレコーディングを行いました。

「はじまりの歌」発売記念の配信ライブで熱唱した池田裕楽さん=東京都内

 私は順番が最初でもあったので、すごく緊張しました。それにレコーディングをしているときに、いろいろな方が聞いていたので「うまく歌うことができなかったらどうしよう」とすごく不安にもなりました。

 そんなときに黒沢さんが私の緊張をほぐしてくださり、リラックスして歌うことができる環境をつくってくれました。歌っているときもいろんなアドバイスをしていただき、私が納得のいくまでレコーディングを続けてくださいました。