来館1500万人目となり、飯泉知事から記念品を受け取る藤野はなちゃん(中央)=徳島市の県立図書館

 徳島県立図書館(徳島市八万町向寺山)の来館者が10日、1500万人を超えた。同市の徳島中央公園内から移転した1990年11月以来、31年目での達成となった。

 1500万人目となったのは、鳴門市撫養町木津の藤野はなちゃん(4)で、父広志さん(37)=会社員=と訪れた。はなちゃんは絵本が好きで、2歳ごろから宏志さんと月2、3回利用している。

 記念セレモニーで飯泉嘉門知事とくす玉を割り、記念の花束や図書カードなどを受け取ったはなちゃんは「これからも絵本をいっぱい借りて読みたい」。広志さんも「いい思い出になった」と喜んだ。

 同館によると、現在の蔵書数は約120万冊。昨年度の来館者は約37万人、個人への貸出数は約54万冊だった。全国の都道府県立図書館(58館)で県民100人当たりの蔵書数は3位、貸出数は5位となっている。