第2日、18番でショットを放つ鈴木愛。通算10アンダーで首位=中京GC石野

 中京テレビ・ブリヂストン・レディース第2日(20日・愛知県中京GC石野=6401ヤード、パー72)2週連続優勝と大会2連覇が懸かる鈴木愛(東みよし町出身)がボギーなしの7バーディーで65をマークし、通算10アンダーの134で単独首位に浮上した。1打差の2位に上田桃子と岡山絵里がつけた。
 8アンダーの4位に堀琴音(徳島市出身)、笠りつ子、藤本麻子、川岸史果、テレサ・ルー(台湾)の5人が続いた。賞金女王のイ・ボミ(韓国)は5アンダーの16位、宮里藍は3アンダーの28位。1アンダーまでの52人が決勝ラウンドに進んだ。前田陽子(小松島市出身)と堀奈津佳(徳島市出身)は予選落ちした。