四国アイランドリーグplusで首位の徳島インディゴソックスは21日、高知県黒潮町の大方球場で2位高知と対戦し、5-0で完封勝ちした。前期優勝へのマジックは1となり、22日午後6時から阿南市のアグリあなんスタジアムで行われる香川戦で勝つか引き分ければ、2014年後期以来、5期ぶりの優勝が決まる。
 
 徳島は一回、平間の先頭打者本塁打とテヘーダの適時二塁打で2点を先制。五回に橋本球の犠飛で1点を追加し、九回にはジェフンと瀬口の適時打で2点を奪った。先発の松本は8回2安打無失点でハーラートップの5勝目を挙げた。愛媛は6―3で香川を下した。