西田優大

 7月にエジプト・カイロで開かれるバスケットボールのU―19ワールドカップ2017に出場する日本代表12人に、海陽町出身の西田優大(18)=東海大1年、海陽中出=が選ばれた。
 
 西田は188センチ、82キロのフォワード。5月にあった関東大学選手権では高い得点力を発揮し、東海大の4強入りに貢献した。5月の第2次強化合宿に参加していた。
 
 代表選手は6月1日から6日まで東京・味の素ナショナルトレーニングセンターなどで行われる第3次強化合宿に臨んだ後、24日からドイツ遠征に出発し、最終調整を行う。