J2徳島ヴォルティスは3日午後7時から群馬県前橋市の正田醤油スタジアム群馬で、ザスパクサツ群馬と対戦する。勝ち点24で9位と辛うじて1桁順位に踏みとどまる徳島は、取りこぼさず、確実に勝ち点3を積み上げたい。

 5月は6戦で1勝4分け1敗と伸び悩んだ徳島。直近の4戦は下位相手にドローと、決定力不足が目立つ。ロドリゲス監督は「ピッチの4分の3は支配したが、残り4分の1が課題」と強調。8対8の練習では、多様なパスワークで守備陣を崩しシュートまで持ち込む形を繰り返し確認した。

 群馬は徳島と同じ2005年にJ2へ参入。今季は序盤に6連敗を喫するなど下位に沈んでいたが、5月に韓国出身の長身FWカンスイルが加入して以降、3勝1敗と調子を戻しつつある。ロドリゲス監督は「カウンターに注意しつつ、着実に攻めたい。(練習で)いい感触はある」と6試合ぶりの白星を誓った。