徳島県は19日、新型コロナウイルス感染が確認された10~50代の男女5人について詳細を発表した。このうち徳島市の10代女性と吉野川市の20代男性は、15日に女子生徒1人の感染が分かった県立総合看護学校(徳島市)の生徒。同校での感染者は計3人となった。

 新たに感染が分かった生徒2人は15日にPCR検査を受け、陰性となっていた。女子生徒は16日、男子生徒は18日にのどの痛みや発熱などの症状が現れ、再び検査を受けた。県は同校の希望する生徒全員に、PCR検査を実施する。

 他の3人はいずれも徳島市在住で、20代アルバイト女性、40代パート女性、50代女性会社員。20代と40代の女性は親子で、感染経路は分かっていない。50代女性は、17日に感染が分かった徳島市の50代男性会社員の妻。

 5人のうち50代女性のみ無症状で、他の4人は軽症という。

 県民に注意を促す「とくしまアラート」の指標では、直近1週間(12~18日検査分)の新規感染者数は39人、病床使用率は16・7%となっている。