東日本大震災から10年。一部が今も帰還困難地域となっている福島県南相馬市で、住民の心を癒やす存在として藍染文化が広がりを見せている。現地で技術指導を続けているのは、徳島市吉野本町6の藍染作家、林広さん(68)=藍染工房ルアフ代表。「藍染は嫌なことを忘れさせてくれる」との住民の言葉に心を動かされ、5年前から足を運んできた。昨年は新型コロナウイルス感染拡大により中止になったが、今年9月、2年ぶりに南相馬市を訪れる。

 

 南相馬市は津波被害と原発事故による放射能汚染という二つの災害に見舞われた。2013年に東京農工大藍染グループが農業支援を行い、市民の間で藍染が始まった。当時は化学薬品を使った化学染めが主流だったが、「原発問題を抱えるからこそ、合理性を求めるより、自然の藍染にこだわりたい」と農家民宿経営、小倉ヨシ子さん(72)=鹿島区=のグループが市に相談。藍染作家らでつくる「徳島県藍染研究会」会長だった林さんが16年9月、市からの依頼を受けて現地に赴いた。

 汚染土が山積みになった空き地を見た林さんは「こんな状況でやれるのか」と不安を持った。しかし、藍染講習会後、受講者から「染めている間は全てを忘れられる。生きがいにしたい」と言われ、その後も通い続けることを決意。年数回、講習会のたびに灰汁(あく)などの材料一式を車に詰め込み、900キロ以上を運転して通い続けている。

藍染講習会で蒅造りに取り組む受講者たち=2019年11月、南相馬市

 18年には「徳島の藍とは違う、南相馬市ならではの特産を生み出してほしい」と考え、徳島産の藍の種1キロを贈った。藍の栽培方法から現地で収穫された藍葉を使った造りまで、自らが持つ技術を惜しみなく伝授。離れている間もLINE(ライン)で質問に答え続けた。

 「常に寄り添ってくれる林さんがいたからこそ今がある」と言うのが、原発から15キロ圏内にある「日鷲神社」宮司の妻、西山喜代子さん(66)=小高区。譲り受けた種で藍を育て蒅造りにも成功した。仲間と藍染同好会を結成し、3年前から小学校で藍染を指導している。今年3月には蒅と地元の草木を合わせて染めたピンブローチを、小高中学校の卒業生21人に贈った。

 震災後、疎開した子どもの大半が小高に帰らず、4校あった小学校は今春1校に減った。「徳島が守る天然藍の良さを林さんから教わった。私たちも小高に戻ってくれた子どもたちに、楽しい思い出とともに自然の大切さを伝えたい」と意気込む。

 小倉さんのグループは宿泊客に藍染を教える傍ら、藍染の靴下や手袋を制作した。無農薬で育てた藍の生葉染めマスクは市の「ふるさと納税」返礼品になった。商品名は「あの日を色に残して」。震災の苦しみを癒やしてくれた天然藍への思いを込めた。

 震災直後、南相馬市を訪れた数多くの支援者も今はほとんどいない。10年の節目は何事もなかったかのように淡々と迎えた。「でも、復興はまだすんでない」と西山さんは言う。小高区の人口は原発事故前の3割となり、高齢化率は50%に迫る。農業従事者は高齢者ばかりだ。一方、廃炉は40年以上かかるともいわれる。

 林さんは南相馬市に滞在中、何度も同じ言葉を聞いた。「私たちを忘れないでほしい」。印象的なその言葉には、終わらない震災の中で生きる人々の孤独や孤立がにじんでいた。

 林さんは「今はまだ明るい展望を描けないが、そんな中でも、藍を通して土に触れ、自然を愛し、ひたむきに生きる人たちを支えなくてどうするのか。それに彼女らの強さには僕も励まされてきた。強くて、たくましい植物の藍は、南相馬の人と重なる。藍の栽培を続け、いつか藍が地域の象徴になり、『藍の花が咲く街』として知られるようになればいい。未来をつくる手伝いができたらうれしい」と話す。藍で結ばれた人たちの挑戦が続いている。

 

被災地での経験が原動力に

 震災発生の2011年、林さんは徳島県内の芸能関係者や工芸家らが結成した震災復興支援グループ「プロジェクトあい」に参加。同年7月に開かれた初チャリティー公演「大地のうた」(北島町)ではボランティアスタッフとして舞台美術を手掛けた。

舞台美術を手掛けたチャリティー公演「大地のうた」=2014年3月、北島町

 同年5月、被災地を訪れた。一面がれきの山。その中で懸命に家族を探す子どもたちに出会った。「力になりたい」。そう思いながらも声さえ掛けられない己の無力さに打ちのめされた。その苦い経験が、東北支援を精力的に続ける原動力にもなっている。公演は11年以降も行われ、募金は全て震災遺児支援団体に寄付されている。

 また、公演を通じて知り合った和太鼓グループ「Atoa.」(拠点・宮城県)には舞台衣装を無償提供している。南相馬市で被災し廃業した業者から譲り受けた絹織物を染めた。林さんは「東北から頂いた物を東北に返せて良かった」とほほ笑んだ。

「Atoa.」に提供した藍染衣装