山北栄治さん

 日本高野連は、原則20年以上にわたり指導、育成に貢献した野球部の責任教師や監督に贈られる「育成功労賞」の2017年度の表彰者49人を発表した。徳島県からは生光学園元監督で、同校教頭の山北栄治さん(55)=石井町藍畑=が選ばれた。
 
 山北さんは富岡西高、国学院大を経て1985年に生光学園へ就職。コーチを1年間務めて86年に責任教師となり、2006年から14年夏まで監督として指揮を執った。
 
 07年春の県大会を制し、11年の全国選手権徳島大会で準優勝。13年は春と秋の県大会で優勝し、秋の四国大会ではベスト4入りした。04年4月から2年間、県高野連理事長を務めた。
 
 山北さんは「とても光栄でありがたい。約30年間も指導者を続けられたのは、先生方の支えや家族の理解があったから。今後も生徒たちから学んだことを教員生活に生かしたい」と話した。