三輪運輸工業対阿南市役所 6回裏、阿南市役所2死、数藤が左中間二塁打を放つ=アグリあなんスタジアム

 軟式野球の第39回西日本大会2部は10日、鳴門オロナミンC球場など県内4会場で開幕した。1、2回戦の12試合が行われ、徳島県の3チームはいずれも初戦で姿を消した。県予選を勝ち抜いた阿南市役所は0―5で三輪運輸工業(兵庫)に完封負け。開催地枠で出場した日本フネンは2―6でオーシャンズ(島根)に敗れ、徳島銀行は0―8で大谷自動車B.C(和歌山)に七回コールド負けを喫した。大会第2日の11日は、2回戦と準々決勝の10試合があり、徳島県勢は開催地枠の富田製薬が同球場でうるま市物産展BLEND(沖縄)と初戦の2回戦で戦う。