徳島ヴォルティス選手らのサインが入った自販機=鳴門市撫養町斎田のドコモショップ鳴門店前

 徳島県鳴門市撫養町斎田のドコモショップ鳴門店前に、サッカーJ1徳島ヴォルティスの選手をはじめ県内ゆかりのアスリートらのサインが入った自動販売機が設置されている。「地域の話題になり、スポーツを応援してもらうきっかけになれば」と、スポーツ好きのショップ運営者が考案した。

 サインは自販機の両側面に計10人分。2010~15年にヴォルティスに在籍し、チームのJ1初昇格に貢献したエースストライカー津田知宏選手、ゴールキーパー長谷川徹選手、市出身の元プロ野球選手、里崎智也さんらの名前と記した日付が並んでいる。

 設置者はショップを運営する「あさだ」の朝田勝也代表取締役(48)。20年ほど前に敷地内に自販機を置いた後、交流のあった里崎さんや市在住のシンガー・ソングライター板東道生さんがサインを書いたのがきっかけだった。今の自販機は2代目で、数年前に知り合った津田選手をはじめ、ヴォルティスや徳島インディゴソックスの選手のサインが増えていった。

 3月まで店内に設置していたが、地域の人に見てもらうため国道28号沿いに移動させた。

 ヴォルティスサポーターの朝田さんは、自販機にヴォルティスのエンブレムを貼り付けて応援の気持ちをPR。普段は自販機の隣にのぼりを立て、ホームゲームがある日はエンブレムのフラッグを飾る。ヴォルティス法人会員に加盟しており、自販機の売り上げから必要経費を除いた全額を応援費用に充てている。

 朝田さんは「直筆の字を見れば選手を身近に感じてもらえる。直接的にも間接的にも応援してくれる人が増えてほしい」と話し、サッカーや野球以外にも、県内ゆかりのアスリートに協力を呼び掛けることにしている。