矢野良子選手

 17日にフランスで開幕する3人制バスケットボールのワールドカップ(W杯)女子日本代表に、徳島市出身の矢野良子(38)=トヨタ自動車、応神中-城北高出=ら4人が選ばれた。3人制の女子日本代表は初の国際大会出場となる。日本は現在、世界ランキング15位でメダル獲得を目指す。
 
 矢野は178センチ、74キロのFWで、2004年アテネ五輪日本女子代表。アジア選手権には3度出場し、2度の準優勝に貢献した。09年にJX―ENEOSからトヨタ自動車に移籍。昨季は3試合の出場で、今年から3人制に転向した。5月に日本バスケットボール協会が発表した代表候補9人の中から絞り込まれた。
 
 矢野以外のメンバーは花田有衣(静岡ジムラッツ)、飯塚めぐみ(カプリコーン)、立川真紗美。矢野は「3人制は初めての経験。どこまでうまくいくかは分からないが、自分たちで高い目標を決めたからには、メダルを狙って頑張る」などとコメントした。
 
 フランスのナントで開かれるW杯には男女各20カ国が参加し、日本は女子のみの出場。5カ国ずつ4組に分かれて予選リーグが行われ、各組の上位2カ国が決勝トーナメントに進む。日本はオランダ、ウクライナ、中国、オーストラリアと同組となっている。
 
 3人制バスケットボールは、国際バスケットボール連盟が2月末、国際オリンピック委員会(IOC)に対して20年東京五輪での実施を要望。6月9日にスイスのローザンヌで開かれたIOC理事会で新種目として採用が決まった。