東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、自身の辞任について問われ「パラリンピックが終わるまでは、迷惑を掛けないためにも、やり通さなければいけない。責任者として取り組む」と述べた。