第62期王位戦7番勝負の第3局で豊島将之二冠(左)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太王位=22日、神戸市(代表撮影)

 将棋の藤井聡太王位(19)=棋聖=に豊島将之竜王(31)=叡王=が挑む「お~いお茶杯第62期王位戦」(徳島新聞社など主催、伊藤園特別協賛)7番勝負の第3局は22日、神戸市の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれ、午後6時40分、先手番の藤井が117手までで勝利。対戦成績を2勝1敗とし、初防衛に向けて一歩リードした。

 角換わりの戦型となった本局、藤井は8八玉(71手目)と自玉を安全な位置に移した後、馬を切った3三馬(83手目)や、急所の3五歩(85手目)で形勢を優位に導いた。豊島は金を捨てながら5一玉(92手目)と逃げたが、藤井は8三銀(95手目)で挟撃の形を整え、的確な攻めで差を広げた。終盤、豊島も8七歩成(102手目)から先手玉に迫ったが、及ばなかった。

 持ち時間各8時間のうち、残りは藤井23分、豊島1分。第4局は8月18、19日、佐賀県嬉野市の「和多屋別荘」で指される。

 藤井聡太王位の話 角換わりは久しぶりに指してみようと思っていた。3三角(56手目)から4六歩(58手目)と動かれて対応が難しかった。3三馬は細い攻めだが、勝負しようと。6四金(111手目)と角を取って良くなったと感じた。

 豊島将之竜王の話 序盤に飛車が4筋で向かい合う形は考えたことがあった。3三角(56手目)ではいろいろな手があったが、これでいこうかと。4五歩(69手目)に思わしい手が浮かばず3三桂(70手目)では嫌な感じかと思っていた。