「白い色は恋人の色」のジャケット。右がクリスティーン・アン・ロルセス・マレンさん(日本コロムビア提供)

 【ホノルル共同】1969年発表のヒット曲「白い色は恋人の色」で知られる米国人女性フォークデュオ「ベッツイ&クリス」のメンバーだったクリスティーン・アン・ロルセス・マレンさんが、糖尿病に伴う腎臓疾患のため2月に死去していたことが分かった。68歳だった。米メディアなどが22日までに伝えた。

 52年、西部モンタナ州リビー出身。ハワイ・カイルア高校の合唱隊の一員として訪日した際にスカウトされ、69年に「ベッツイ&クリス」としてデビュー。日本語で歌った「白い色は恋人の色」が大ヒットした。

 マレンさんは今年2月16日、西部アリゾナ州セドナで亡くなったという。