臨時記者会見を行う飯泉嘉門徳島県知事=23日午後3時半ごろ、県庁

 徳島県は23日、10~50代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち美馬市の10代女性会社員は、県内30例目のクラスター(感染者集団)が発生した会社に勤めており、クラスターの規模は7人となった。

 県によると、女性会社員は感染していた同僚と業務で接触がある。20日にPCR検査を受けた際は陰性だったが、発熱などの症状が出たため22日に再検査した。

 他に陽性だったのは▽阿南市の20代女性会社員▽同市の20代女性パート従業員▽同市の20代男性会社員▽徳島市の50代無職女性▽同市の20代女性団体職員▽同市の30代男性プロスポーツ選手▽同市の50代男性会社役員。

 このうち30代男性は、22日にサッカーJ1徳島ヴォルティスが発表したチームの選手。阿南市の女性2人は、21日に感染が判明した徳島市の20代アルバイト女性の友人で、女性パート従業員と男性会社員は家族。女性団体職員は19日より前に関東方面に出掛けていた。50代の2人は感染経路が分かっていない。

 県は感染力が強いインド由来の変異株「デルタ株」のスクリーニング検査の結果を発表。7月19~21日に感染が確認された12人は全て陰性だった。

 感染が分かった8人は全員軽症という。県内の累計感染者は1729人となった。