UAEのアルアインへ移籍が決まり、記者会見に臨むJ1広島の塩谷=広島市

 J1の広島からアラブ首長国連邦(UAE)のアルアインへ移籍する元日本代表のDF塩谷司(28)=小松島市出身、徳島商高出=が16日、広島市内で記者会見し「新たなチャレンジで楽しみ。中東での日本人の評価を上げたい」と抱負を語った。2年契約。

 塩谷は落ち着いた表情で、決断の理由や新たな挑戦への思いを語った。

 ―海外移籍を意識したのは。

 「水戸時代にいつかJ1で優勝し、海外でプレーしたいと思っていた。クラブワールドカップなども経験し、厳しい環境の中で戦うのが面白そうだと感じていた」

 ―アルアインからオファーを受けたときの気持ちは。

 「衝撃的だった。アジア有数のビッグクラブ。日本人は少なく、自分が中東への道を開けるかもしれない」

 ―広島が低迷する状況で移籍するが。

 「このタイミングでチームを離れるのは申し訳ないが、サッカー選手として成長するために決断した。3度目の優勝が一番の思い出」

 ―文化や環境の違いは。

 「契約するために現地に2日間、行った。気温や時間のルーズさには驚いた。日本ではできない経験ができる。スタジアムはとてもよかった」

 ―日本代表への思いは。

 「常に目標として持っている。移籍してよかったと思われるようにしたい」