事件を起こした18、19歳を「特定少年」とし、厳罰化する改正少年法が来年4月に施行される。少年事件が全国的に減少し、県内でも10年前の6分の1以下になる中、実名報道も可能となる法改正はなぜ必要なのか。徳島弁護士会の森晋介会長に、その背景や課題を聞いた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。