東京大とIBMは27日、商用で日本初となる量子コンピューターをかわさき新産業創造センター(川崎市)に設置し、運用を始めたと発表した。IBMが開発した「量子ゲート」型と呼ばれる汎用タイプで、東大が運用の権利を持つ。今後の技術開発や人材育成などに活用し、共同研究のための協議会には金融や化学、自動車といった分野の企業が参加している。

 量子コンピューターは、スーパーコンピューターで長い時間がかかる計算を短時間で終えることが可能になる次世代計算機。原子や電子など極めて小さな物質の性質を利用する。将来は創薬や材料開発などで革新をもたらすと期待される。