バドミントンのオーストラリア・オープン女子ダブルスで優勝した高橋礼(右)・松友組=シドニー(共同)

【シドニー共同】バドミントンのスーパーシリーズ(SS)オーストラリア・オープン最終日は25日、シドニーで各種目の決勝が行われ、日本勢対決となった女子シングルスはリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望が第3シードの山口茜に2―1で勝ち、昨年の全英オープン以来通算4度目のSS優勝を果たした。
 リオ五輪決勝と同じ対戦となった女子ダブルスは金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組が銀メダルのリターユヒル、ペデルセン組(デンマーク)を2―0で下し、通算8度目のSS制覇。
 男子ダブルスは園田啓悟、嘉村健士組がセティアワン(インドネシア)ブンホン(マレーシア)組と対戦する。