【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は27日発表した世界経済見通しで、2021年の日本の実質成長率を2・8%とし、4月時点の予測を0・5ポイント下方修正した。日米欧の先進7カ国(G7)で予測が悪化したのは日本のみ。新型コロナウイルスのワクチン普及で米欧の景気が好転する中、日本は感染再拡大による規制強化で年前半の経済活動が停滞した。

 世界全体の成長率予測は、4月時点と変わらず6・0%。1980年以降で最大だが、変異株が広がる新興・途上国は0・4ポイント悪化の6・3%とした。IMFは「ワクチンに手が届くかで、経済回復が二極化している」と警告している。