厚生労働省が雇用保険料引き上げの検討に入ることが28日、分かった。コロナ禍を受けた雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源が逼迫しているため。