日本―エジプト 前半、水町がシュートを阻まれる=国立代々木競技場

 ハンドボール男子の1次リーグで、B組の日本はエジプトに29―33で敗れ、3連敗となった。エジプトは2勝1敗で勝ち点4とした。

 日本はエジプトの高さを生かした強烈なシュートやサイド攻撃に苦しみ、11―18で前半を終えた。後半は今大会初出場した東江(ジークスター東京)や徳田新(豊田合成)らの奮闘で追い上げたが、及ばなかった。

 B組はデンマークが31―21でバーレーンを下し、スウェーデンが29―28でポルトガルに競り勝ってともに3連勝で勝ち点を6に伸ばし、各組上位4チームずつで争う準々決勝進出を決めた。