東京五輪の選手村の食事に福島県産食材が使われているにもかかわらず産地が表示されていないとして、平沢勝栄復興相は28日、「被災地の東北のものだとはっきり書いた上で(選手らに)召し上がってもらう。その取り組みが不十分ではないか」と大会組織委員会に苦言を呈した。福島市で行われた野球の開幕戦(日本―ドミニカ共和国)を視察した後、記者団に述べた。

 平沢氏は、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭に最大限取り組む必要があると改めて強調。「組織委は復興ということを、もっとしっかり考えてほしい」と語った。