原勇輝

 24~28日にネパールのカトマンズで開かれる重量挙げのアジアジュニア選手権男子77キロ級日本代表に、徳島市出身の原勇輝(20)=中大、徳島科技高出=が選ばれた。

 164センチ、77キロの原の自己ベストは、スナッチ131キロ、ジャーク166キロ。2年生ながら3位に入った4月の全日本学生個人選手権ではスナッチ131キロ、ジャーク165キロを挙げ、トータルの自己ベスト296キロをマークした。ジュニア世代で国内トップクラスの力と安定感が評価され、代表入りを果たした。

 3月の全日本ジュニア選手権ではスナッチで失敗し失格。6月に東京であった世界ジュニア選手権出場を逃しただけに、原は「応援してくれる人に結果で恩返しがしたい。調子は上向いているので、ジャークとトータルでジュニア日本新記録を狙う」と意気込んでいる。