中坂勇哉

 日本サッカー協会は5日、来年1月に中国で開催されるU―23(23歳以下)アジア選手権の予選に臨むU―20日本代表に徳島市出身の中坂勇哉(神戸、千松小出)ら23人を発表した。

 中坂は巧みなボールタッチとパスが持ち味の攻撃型MFで、2016年に神戸ユースからトップチームに加入。プロ2年目の今季は16試合に出場して5得点と活躍している。

 代表は中山(柏)三好(川崎)ら5月にU―20ワールドカップ(W杯)に出場したメンバーが中心の構成。久保(FC東京ユース)は入らなかった。

 日本はプノンペン開催の予選J組で19日にフィリピン、21日にカンボジア、23日に中国と対戦する。予選は全10組で、各組1位と2位の上位5チームが本大会に進む。