バレーボールの男子1次リーグA組で日本はイランを3―2で下して3勝2敗とし、1992年バルセロナ五輪以来29年ぶりとなる準々決勝進出を果たした。