7月の国内新車販売台数は前年同月比4・8%減の37万7448台となり、昨年9月以来10カ月ぶりのマイナスだった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2日発表した。軽自動車は17・0%減の13万300台で、7月として23年ぶりの低水準となった。軽自動車以外の自動車(登録車)は3・3%増の24万7148台だった。

 軽自動車は世界的な半導体不足や、東南アジアの新型コロナウイルス感染再拡大で部品調達が滞り、新車の生産が停滞したことが響いた。